『鳴門ねこの会』からのお願い

『鳴門ねこの会』には仔猫が産まれている庭に住み着いていると相談が続いています。

庭にきていたので餌をやってしまっているうちにこどもを産んでしまった、野良猫が畑に糞をするからどこかにやってほしいと相談されることもあります。

本来住み着いている場所から移動させることは犯罪です。

かわいそうだからと餌をあげている方、どうか避妊去勢手術をお願いします。

現場の餌やりさんの中で、「野良猫は捕まえれない」と思っている方がおられるようです。

飼い猫のように、抱っこしてキャリーで診察というわけにはいきません。

数匹のために捕獲器を買うのをためらう、という方もおられます。

高齢の方で、車を運転しないので動物病院には連れていけない。

と様々な理由からTNRの実施に至っていない場合があることがわかりました。

『鳴門ねこの会』では、そのような方のお手伝いをさせていただいています。

鳴門市に生息している飼い主のいない猫を全て引き取ってくれると思ったと問い合わせしてくださる方もいます。(本会の主旨ではありません)

産まれる前に相談してください。

前の記事

12/6のTNR報告

次の記事

12/10のTNR報告