【シャム】保護しています

4月14日(水)鳴門教育大学付近で大学生が猫を保護されましたが、この春に引っ越してきたばかりでペット不可の賃貸なので飼えないとのことで『鳴門ねこの会』に保護依頼がありました。

すぐに動物病院に連れて行きました。

推定2歳のメス猫、すぐに避妊手術してくれました。子宮が腫れていたそうです。

同時にウイルスチェックし白血病陽性でした。ブロードラインも実施しました。

この前までゴマちゃんをお世話してくれていたボランティアさん宅で保護してくれることになりました。

預かり宅のご主人様が”さくらちゃん”と名前をつけてくださいました。

とても人懐こくスリスリゴロゴロと甘えてくるそうです。

さくらちゃんの里親様を募集させていただきます。

 

【譲渡条件】

*共に生きる家族として最期まで責任と深い愛情を持って飼育して下さる方

*完全室内飼育とし、しっかりと脱走防止対策ができる方

*各種伝染病予防のワクチン接種、その他健康診断等定期的な医療ケアを行っていただける方

*衛生面等飼育に適切な環境を常に保つことができる方

*万が一、入院や病気などでお世話ができなくなった場合でも預けられる後見人のいる方

*お部屋の写真を事前に送ってくださる方(猫を飼育するのに適した環境か確認させていただきます)

 

さくらちゃんに会ってみたいと思われる方、HP内のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

 

※『鳴門ねこの会』ではTNRを中心に活動しているため、通常は保護をお断りさせていただいています。

※今は保護できるスペースが確保できません。

※不幸な猫を増やさないために、不妊手術をお願いします。

前の記事

4/19 TNRご報告