ちくわ君

雨が続いていて、梅雨に入っているような気候ですね。

今日はちくわ君のご紹介させていただきます。

白と茶色の毛色から”ちくわ君”と呼ばれています。
保護主であるボランティア宅の庭にごはんを食べにきていました。
以前から他の猫に攻撃されて生傷が絶えないちくわ君。

4月17日、腕に大きな怪我をしていたため保護しました。

保護して数日は混乱した様子で暴れたり激しく鳴いたりしていました。
5月2日去勢手術を受けました。

(ボランティアより)
・声が高く赤ちゃんみたいに鳴きます。
・寂しがりやさんで人間が傍にいるのを求めているように思います。
・ケンカが弱くて怪我をしましたが、優しくて、強い攻撃をできない子だと思います。
・お世話をしていて時々私の手をパクっと噛みますが、いつも甘噛みで、優しく手加減してくれています
・尻尾がシマシマで、あらいぐまラスカルのようです。
・フレンドリーな可愛い子だと思います。

ボランティアの愛情溢れるお世話を受け、ちくわ君とても穏やかな表情になり、傷も良くなってきています。

早く元気になってほしいです。
ちくわ君のお世話ありがとうございます。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

前の記事

しあわせのご報告

次の記事

テトラポットの兄妹